ステラ牧場

cafestella.exblog.jp

チョコボのブログです。

ブログトップ

スタスタ まとめ

チョコスタ & 統計に関するまとめ記事になります。 少しずつ加筆していこうと思います。

【 更新履歴 】 10/21 新しいカテゴリ 「スタスタ ( stallion statistics )」 を設立しました。
          10/27 神殿 1200、1400、1600、1800 のデータを公開しました。
          10/29 神殿 2000、2400、3200、3600 のデータを公開しました。
          11/01 密林 1000、1200、1600、1800 のデータを公開しました。
          11/06 密林 2000、2400、2800、3200 のデータを公開しました。
          11/09 遺跡 1000、1200、1800、2000 のデータを公開しました。
          11/12 遺跡 2200、2800、3000 のデータを公開しました。
          11/15 都市 1200、1400、1600、1800 のデータを公開しました。
          11/18 都市 2000、2400、3000、3200 のデータを公開しました。

------------------------------------

まず、回帰分析で登場する主な用語と手法を簡潔にまとめると、以下のようになります。

b0299705_16295985.png

具体的に y をタイム、x を能力値 ( 先、長、瞬、自、加、祭、得意数 の k=7 ) とし、

n=80 で得た回帰係数から 1 羽の予測タイム f (x) を計算した例を ↓ に載せます。

b0299705_16300840.png

他の羽も同様に予測タイムを求めると、実測値との差から 80 個の残差が出てきます。

真ん中の表の 3、4 列目はその分布であり、たとえば 「階級 0.10 度数 16」 ならば

残差 z が 0.10±0.05 の範囲に収まる羽が 80 羽中 16 羽いることを意味します。


サンプリングに不自然な偏り等がなければ、中心極限定理 ( CLT ) より、残差 z は

平均 0 の正規分布に従うはずです。度数分布表から作られるヒストグラムは山型に

なっているか、その裾の広さはどうか、という分布に対するデータの読みも大切ですね。

------------------------------------

以下、分析対象の 80 羽の能力一覧表と、競羽場・距離ごとの分析結果のリンクです。

b0299705_17161370.png

神殿 】  1200  1400  1600  1800  2000  2400  3200  3600
密林 】  1000  1200  1600  1800  2000  2400  2800  3200
遺跡 】  1000  1200  1800  2000  2200  2800  3000
都市 】  1200  1400  1600  1800  2000  2400  3000  3200
砂浜 】  1000  1200  1600  1800  2000  2400  2800  3200
山岳 】  1000  1200  1800  2000  2200  2800  3000

[PR]
# by Rune-3 | 2018-11-18 14:05 | スタスタ | Comments(0)

都市 2000 データ

b0299705_13530073.png

[PR]
# by Rune-3 | 2018-11-18 14:00 | スタスタ | Comments(0)

都市 2400 データ

b0299705_13534704.png

[PR]
# by Rune-3 | 2018-11-18 14:00 | スタスタ | Comments(0)

都市 3000 データ

b0299705_13543318.png

[PR]
# by Rune-3 | 2018-11-18 14:00 | スタスタ | Comments(0)

都市 3200 データ

b0299705_13552448.png

[PR]
# by Rune-3 | 2018-11-18 14:00 | スタスタ | Comments(0)